読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチローズ・モルトのリーフシリーズ。二つの蒸溜所の原酒を合わせたら、エッジーな味わいに。

前回に続き、レビューです。
昨晩は校了明けの一杯ということで、ささやかなショット飲み。 こちらです。

 

f:id:hiroki1972:20161217234633j:image


【本日の酒】イチローズ・モルト リーフシリーズ ダブルディスティラリー

・香り…トップノートはフルーティ。メイプルの甘さと柑橘系のさわやかさが入り混じる。
・味…ウッディ。スパイシー。リンゴやナシのコンポート。後口ドライ。加水してボディはグッと軽くなり、甘さが立つ。
・総評…爆発する感じ。46%のアルコール度数から来ているからか。ストレートで飲むのが本来の野性味を感じられる。
・次に飲むのは?…タリスカー ストーム。スパイスな瞬発を感じた後、控えめな塩気で舌の引き締めを。


2000年に閉鎖した羽生蒸溜所の原酒を、ベンチャーウイスキーの肥土伊知郎さんが引き取り、2008年に操業開始した秩父蒸溜所の原酒と合わせたものだそうです。

羽生蒸溜所のものはシェリー樽で、秩父蒸溜所のものは日本のミズナラの樽を使っています(ラベルのリーフはミズナラです)。そのバッティング(ブレンド)ですから、個性が拡散し、味わうほどに多面的なコンテンツが顔を覗かせます。

一括りできない個性はシングルモルトの醍醐味ですが、イチローズ・モルトのそれは、控えめながらも尖った主張が感じられるものでした。