イチローズ・モルトの限定もの

レアボトルといわれるなかでも、「限定200本」だの「イベント開催記念」だの、数量限定品には弱いものがあります。

 

10月に名古屋に行った際、宿泊先のBARで「お…」というのを見つけました。おとなしくカクテル1杯で帰るつもりが、やはりそうはさせてもらえない。

 

飲みに行くときは、たいてい一人。そうなるとBARで座るのはカウンターです。混んでいて空席がなければ出直すか、他の店を探します。

 

この日は観劇からの食事後に、宿泊先のBARへ。日曜日の夜でしたから比較的、空いていました。

一人ですから、スツールに腰を下ろした後に目が行くのは、バーテンダーの立つその後ろ、バックバーですね。あとは、飲む以外で他に視線をめぐらせるとしたら、中のインテリアくらいです。

 

そうすると珍しいもの、見たことのないものには、アンテナが自動的に反応します。

で、こちら。イチローズ・モルトの限定版2本です。

f:id:hiroki1972:20161202225335j:imagef:id:hiroki1972:20161202225523j:image

 

1本はホテルの周年記念、もう1本はイチローズ・モルト秩父の、HBA(日本ホテルバーメンズ協会)プライベートボトリング2016。

 

f:id:hiroki1972:20161202225454j:image

 

前者は、そのホテルの料飲部に、ベンチャーウイスキー社長・肥土伊知郎さんと親しい方がいらっしゃり、実現した企画ものだそうで。後者はHBAの会員でないと購入できない代物です。

 

ともにショットでいただいたのですが、値段は…忘れてしまいました。

値段を聞いて、「そうですか…。うーん、やめときます」と一度はあきらめかけた額です。が、結局は誘惑に負けました。

どんな味だったか? そりゃあ「うまい」ですよね。結局こんな答えになっちゃう。

 

イチローズ・モルトは、秩父発から全国区のカリスマ的な人気を誇るようになったとはいえ、名古屋のホテルで会うのは不思議な気分。そういう尖がった気分をプレイバックする意味でも、テイスティングのメモくらいは付けておくべきでした。

 

土屋守さんがセミナーで、テイスティングのシチュエーションについて言及された一節を、最近たびたび反芻します。師曰く、

1. 同じ場所で

2. 同じ時間に

3. 同じ条件で(気温とか、使うグラスとか)

 

これが良いそうです。それはもう、できるのであれば最高でしょう。昼間に行うプロが多数いらっしゃる一方で、バーテンダーの中には営業終了後の時間しか取れないという方も。一介のサラリーマンな僕は、時間確保という時点でハードルが上がってしまいます。

 

ので、僕の決意としては、

1. どこだろうと

2. やれるときに

3. こだわらずに

 

やる。これで行きます。

 

仕事と違って、好きなことですから、強く宣言できるのです。