スプリングバンクが傑出しているキャンベルタウン。蒸留所数は少ないけど、この孤立感が華やかで野性的なスコッチを際立たせているのかも。

キャンベルタウンモルトの代表格、スプリングバンク。同蒸留所のロングロウのフェノール値が50ppmとハードボイルドテイストなのと対照的に、スプリングバンクのそれは8ppmとほんのり、なのですね。バンクはこのスモーキーな風味とフルーティさ、華やかさの絶妙なバランスで「女性向け」とも言われます。飲み口は優しいけど、後口もしっかり。たまりません。

 

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチの生産地区分

6.キャンベルタウン

・キンタイア半島先端の町キャンベルタウンには、かつて30超の蒸留所があったが、第二次大戦後まで存続したのはスプリングバンクとグレンスコシアの2つのみ。

・衰退の原因は禁酒法(1920~33年)の影響でアメリカ市場を失ったことと、石炭の堀りつくしで燃料を失ってしまったこと。

スプリングバンクは180年近くにわたり同族経営が続く独立系の蒸留所で、麦芽の@ポートレベルや蒸留方法を変えることで、3銘柄(スプリングバンクロングロウ、ヘーゼルバーン)を生産している。2004年3月にはグレンガイル蒸留所を再建、約80年ぶりに生産再開となった。

 

次回から銘柄に入ります。

日本でニッカが出している「カフェモルト」の元をたどると、コフィーさんの発明した蒸留機に行きつきます。その端緒となったのが、ローランド

ローランド、どうも影が薄いですが、ブレンデッド文化はここから開花したと思うと、見る目が変わります。アイルランドの製造方式を採用したのは、単純にハイランドへの対抗意識だけだったのかな。

 

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチの生産地区分

  1. ローランド

・かつてハイランドのモルトウイスキー業者と競争していたが、風味で勝てず。そこでローランドの業者は19世紀半ばに実用化されたイーニアス・コフィーの連続式蒸留機を導入。これにより大麦麦芽以外の穀物主体の安価なグレーンウイスキーの大量生産が可能になり、スコッチのブレンデッド時代が到来した。

・かつては数十の蒸留所が稼働し、ライトボディで穀物様のフレーバーの強いウイスキーを製造していた。ローズバンクやオーヘントッシャンアイリッシュの製法を取り入れ、スコッチでは珍しい3回蒸留を行っていた(オーヘントッシャンは今も)。

・現在も操業している蒸留所はグレンキンチー、オーヘントッシャンブラッドノックの3つだけ。だが、ダフトミルやアイルサベイなど、新しい蒸留所も最近いくつオープンした。

 

グレンキンチー、今ボトルキープ中です。食前酒向けといわれますが、TPOを選ばず飲める、軽やかでクリーミーなスコッチだと思います。なんというか草木が香る感じに、癒されています。

 

次回はキャンベルタウンです。あぁ、ロングロウスプリングバンクも大好き。

タリスカーのファンとしては、ここを押さえないわけにいきません。が、「アイランズモルト」という分け方は、どうにも大雑把なきらいがあります

スコットランド自体「アイランド」ですが、アイランズモルト(諸島モルト)は、その周辺の島々の蒸留所群で造られるウイスキーを指すものです。北東から南西にかけて寄り添うように点在し、タリスカー、ハイランドパーク、スキャパなど名だたるスコッチを生み出しています。他の区分と違い、便宜的に呼称をまとめたようなものですから、個性が独立しているわけではないのですよね。こういう分け方が定着していますが、このカテゴライズには違和感があります。

 

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチの生産地区分

4.アイランズ

・ここに分類される蒸留所は7つ。北からオークニー諸島のハイランドパーク、スキャパ。ルイス島のアビンジャラク。スカイ島のタリスカー。マル島のトバモリー。ジュラ島のアイル・オブ・ジュラ。アラン島のアイル・オブ・アラン。

オークニーは70ほどの島からなる群島。木がほとんど生えておらず、島の産業は牧畜と漁業と観光のみ。スカイ島は風光明媚で、伝説とケルト神話とゆかりある神秘的な島。マル島はアイオナ島への玄関口として賑わい、ジュラ島は野生のシカが人間よりも多く生息している。アラン島は地理的にも気候的にも「スコットランドの縮図」と呼ばれ、リゾート地として観光客に人気。

 

2017年のウイ文研の蒸留所ツアーは、このスカイ・オークニー島を巡る企画だそうで、「これは!」と思いました。が、土屋守さんのブログによると、4月下旬からゴールデンウイークを利用しての7泊9日になりそうですね。仕事の閑散期ならともかく、世の中が大型連休中も仕事の身としては、参加は厳しそうです。残念無念。

潮の香りのするスコッチといえばアイラ系。ピーティといえばアイラ系。このクセこそが長年魅了され続ける所以でしょう

今回は、愛飲家でも好き嫌い分かれるウイスキーを生んでいる地を見てみます。好き嫌いが分かれるとはいっても「スコッチといえばアイラ」という人、たくさんいますよね。ワイン好きがロマネ・コンティのブドウ畑にひれ伏すように、スコッチ好きにはたまらない土地でしょう。

 

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチの生産地区分

3.アイラ

スコットランドの西岸に連なるヘブリディーズ諸島の最南端アイラ島で製造されるウイスキーをアイラモルトという。アイラ島の面積は634㎢。日本の淡路島(約592㎢)より一回りほど大きな島だが、人口は3,400人と少ない。ウイスキーの生産が島の重要産業になっている。

アイラ島ヘブリディーズ諸島の中では比較的気温が温暖なため、大麦の生育に向いていた。また、島の4分の1ほどが厚いピート層に覆われ、良質な水に恵まれていることからウイスキー造りが盛んになった。スコットランドで最初にウイスキー造りが伝わった土地ともいわれ(14世紀)、手つかずの自然が今なお残っている。

・現在アイラ島には、ブナハーブン、カリラ、アードベッグラガヴーリンラフロイグボウモアブルイックラディ、キルホーマンの8つの蒸留所がある。キルホーマン以外、すべて海辺に立っていることから、「潮の香り、海藻のような」といわれ、独特のスモーキーさ、ヨード香、ピート香が特徴。名だたるブレンデッドスコッチで、アイラモルトが入っていないウイスキーはないといっても過言ではない。

 

 

にしても、なんでこうもクセになるのでしょうかね、アイラモルト。一時期、カリラ12y→ラガヴーリン16y→アードベッグ ウーガダール、とキープボトルを梯子しました。「消毒液」だの「正露丸」だの、「くさい」を表す形容詞にはこと欠かないのがアイラ系。一癖も二癖もある、というところがマイフェバポイントなのですね。

 

付き合うほどに魅了される。そんな酒に、いや男に、いつかなりたいものです。

ザ・グレンリヴェットもマッカランも、ここから生まれるのですね

今回はスコッチの故郷として知られるスペイサイドについて見てみます。

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチの生産地区分

2.スペイサイド

・ハイランド地方の北東側を流れるスペイ川流域で造られるウイスキーをスペイサイドモルトという。
モルトウイスキー蒸留所のうち、半数近い52の蒸留所が集中する。華やかでバランスに富んだ銘酒が揃う。風味はアイラモルトとは対照的で、どちらもブレンデッドには欠かせない原酒。
・スペイサイドはさらに細かく、フォレス、エルギン、キース、バッキー、ローゼス、ダフタウン、リベット、スペイ川中&下流地域の8地区に分けられる。


スペイサイドは、サーモンフィッシングの聖地でもあるらしいです。釣りは詳しくないですが、いつかトライしてみたいです。

次回はアイラモルトです。

6つの地域、どこも好き。どれか一つを取れと言われたら…?

今日から「生産地区分」について、触れます。

 

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチの生産地区分

 

スコットランドで稼働中のモルトウイスキー蒸留所は、2014年8月現在、計画中のものも含めると約110か所あり、これらは6つに分類されている。

 

1.ハイランド 2. スペイサイド 3.アイラ 4.アイランズ 5.ローランド 6.キャンベルタウンの6つで、そのなかでも「スコッチの聖地」と呼ばれるのがアイラとスペイサイド。

 

1.ハイランドモルト

スコットランドはもともと、文化・民族の異なるハイランドとローランドの2つの地域から構成されたという。キルトやバグパイプ、クラン制度といった独自の文化は、もともとハイランド地方の伝統文化だった。ハイランドモルトは現在46蒸留所(閉鎖蒸留所も含む)だが、かなり広範囲にわたるため、東西南北で分けられる場合もある。現存する最古のグレンタレット蒸留所(創業1775年)もハイランドに位置する。

 

地区まで来たので余話を。

みんな大好き(でもないか)アイラモルトが好きで、しょっちゅうクイクイしてます。行きつけにキープしているボトルの1本も、ラフロイグのセレクトカスクです。そのBARでは、スコッチの中でも個性的なアイラ1本と、そうでない比較的やさしい、穏やかな1本をキープするようにしてます。飲む量が多く、飲む頻度も高い。そんな呑み助には、キープボトルは必須です。その話はまた。

 

次回はスペイサイドモルトを見てみます。

ひたすら「待つ」

「製造」工程の後半です。概略だけなのにブログで3回もかかりました。

 

・熟成庫(ウエアハウス)の別名は「保税倉庫」。ハウス内は免税になっているからだそう。釜から流れ出た瞬間から、その酒は課税対象。だから蒸留所の職人でも保税官の立ち会いなくして、酒を一滴も飲めないのだとか。

 

【本日のポイント】第2章より

〇スコッチモルトの製造

◇5. 熟成(マチュレーション)

・2回蒸留後の段階ではまだ無力透明でウイスキーとは呼べない。最低3年の熟成を経て、初めてウイスキーと呼べるようになる。熟成前の無色透明の酒はニューポット、ニュースピリッツといって区別される。

・できたてのスピリッツはアルコール度数が70%程度。樽材の成分が溶出しやすいよう、加水し度数を63%前後に落としてから樽詰めされる。

・樽はオークでできている。オーク(oak)はブナ科コナラ族の広葉樹の総称で、全世界に300種あるといわれている。スコッチの熟成に使われるのは、アメリカンホワイトオークとコモンオーク(スパニッシュオーク)など。

・樽はウエアハウスと呼ばれる熟成庫に運ばれ、じっくり寝かせられる。3年から30年くらいまで、酒も若い子から年寄りまでいろいろだ。「ダブルマチュアード」という商品は、通常の熟成年数を経た後、樽を移し替えた追熟させたもの。味わいがより豊かで複層的になる。

◇6.瓶詰め(ボトリング)

・熟成場所(倉庫の位置、倉庫内の樽の位置、ラックの段数)によって風味が異なるため、熟成後の樽は、タンクで混合される。複数の樽をヴァッティング(混合)して、ブランドの味が作られる。

・このままでアルコール度数が高すぎるため、加水して度数を落として瓶詰めを行う。現在はEU規格の40%が一般的。

 

製造過程の話はここまでです。

次回はスコットランドの生産地区分を見ていきます。